出展企業・団体紹介

Cゾーン「リサイクル産業を知る」

中間貯蔵・環境安全事業株式会社 北海道PCB処理事業所

中間貯蔵・環境安全事業株式会社 北海道PCB処理事業所

JESCO北海道PCB処理事業所は、全国で5番目の施設として高濃度PCB廃棄物の安全・確実な処理を行っています。

当社は、国の環境政策の一翼を担い、法律に基づき設立された会社で、高濃度PCB廃棄物の処理事業と福島県内の中間貯蔵事業に取り組んでいます。PCB廃棄物は、その処理が長年の社会的な課題でしたが、地元のご理解のもと、全国5か所に処理施設を設置し、環境と安全を優先し高濃度PCB廃棄物の処理を行っています。北海道PCB処理事業所は、山形県内を含む北海道事業エリアの高濃度PCB廃棄物を処理しています。

JESCO北海道PCB廃棄物処理施設のご紹介

安全で確実なPCB処理を目指して 北海度PCB廃棄物処理施設

北海道PCB廃棄物処理事業については、2004年3月末、環境省の処理対象区域拡大に係る要請を北海道及び室蘭市が受託されたことを受け、全国最後の事業として、処理施設は変圧器・コンデンサー等を処理する当初施設と安定器及び汚染物等を処理する増設施設に分けて整備されています。

当初施設は溶媒抽出法(真空加熱分離法を含む)による前処理と脱塩素化分解法による液処理により、2008年5月21日に操業を開始しました。また、増設施設はプラズマ溶融分解処理により、2013年9月9日に操業を開始しました。

北海道PCB廃棄物処理事業を進めるにあたっては、周辺住民の皆さま方の温かいご理解のもとに成り立っております。北海道PCB処理事業所は、今後も安全で確実な処理を行ってまいります。

PCBとは

PCBは化学物質であり、様々な電気部品に使用されていました。有害物質判明の為、1974年に製造・使用が禁止されました。

PCB廃絶の必要性

PCBの有害性、環境への悪影響及び長期保管による汚染リスク等の懸念により、2004年にPCB特別措置法が制定されました。

中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)とは

JESCOは国の監督のもと、全国5か所に処理施設を配置し、高濃度PCB廃棄物を適正に処理を行う全額政府出資の会社です。

北海道PCB廃棄物処理施設概要

変圧器・コンデンサー等で対象区域1道15県、安定器・汚染物等で1道1都18県の処理対象物を安全確実に処理します。

北海道PCB廃棄物処理施設処理対象区域

JESCO北海道PCB処理施設では北海道及び1都18県を処理対象区域として、高濃度PCB廃棄物の安全確実な処理を行います。

高濃度PCB廃棄物の処理期間

高濃度PCB廃棄物は処分期間内に処分しなければなりません。処分期限が迫っております。お早めにJESCOまでご相談ください。

ご覧いただける資料

企業・団体情報

企業・団体名 中間貯蔵・環境安全事業株式会社 北海道PCB処理事業所
事務局 営業課(東京事務所)
住所 東京都港区芝一丁目7番17号
TEL・FAX 03-3765-1197・03-3765-1908
ホームページ https://www.jesconet.co.jp/別ウィンドウで開く
お問い合わせ https://www.jesconet.co.jp/cgi-bin/form.cgi?form.template=inquiry_pcb.html別ウィンドウで開く

ページTOPへ